チャンピックス通販

チャンピックス通販の最安値・効果・副作用・価格・成功率

チャンピックスとは?

飲むタイプの禁煙補助医薬品
ニコチンの離脱症状を抑える・喫煙による満足感を得られにくくする
副作用は比較的小さい
12週間後の禁煙成功率は60%〜70%、1年後は50%

止めようと思ってもなかなか止められないタバコ。
禁煙に挑戦する人も多いですが、半年で半数以上が禁煙を断念しており、1年後も禁煙できているのは1割程度と言われています。

 

なかなか自分の意志だけでは禁煙も難しいので、最近では禁煙のための薬を使用する人が増えています。
そのなかで最も人気があるのが「チャンピックス(バレニクリン)」です。

 

チャンピックスは禁煙外来で処方してもらえますが、通販(個人輸入)でも入手することができます。
チャンピックスを取り扱うお店はいくつかありますが、同じ商品でも価格はかなり異なっています。
ここでは有名なお店の価格を調べて比較してみました。

 

チャンピックス1mg28錠(2週間分)の価格

※価格は為替相場により変動します。

 

A社:9,780円
B社:9,700円
C社:8,980円
オオサカ堂:5,262円

 

最安値はオオサカ堂でした。
価格は変動するので購入を考える方は公式サイトで最新の価格を調べてみてください。

 

チャンピックスの価格・詳細はこちら

 

チャンピックスの効果・副作用に関するネット上の口コミ

チャンピックスは使用者が多く、ネット上の口コミも多数です。
ここではチャンピックスの効果や副作用に関する口コミを集めてみました。

 

チャンピックスの口コミ

※表現は変更しています。

 

●たばこを吸うと強烈な吐き気がします。これで禁煙できそうです。

 

●たばこが美味しくなくなりました。

 

●禁煙継続のお守りです。

 

●タバコは相変わらず美味しいです。禁煙失敗。

 

●1日2箱半くらい吸ってましたが、4日目には1箱も吸わなくなりました。

 

●4日目くらいからタバコを吸わなくても平気。

 

●タバコのことを考えるだけで気分が悪くなる。

 

●軽い気持ちで試してみたら1週間で吸いたくなくなった。

 

●外来に行くより楽。

 

●禁煙できたが鬱になった。

 

●体調が悪くなって中止した。

 

●副作用で吐き気がありました。

 

<まとめ>
チャンピックスの効果は、口コミを見る限りほとんどの人が感じているようでした。
一方で、副作用を感じている人も少なからずいました。その大部分は吐き気ですが、一般的には1割強の人に症状が現れるそうです。しかし、そのために使用を中止せざるを得ない人はそれほど多くありません。

 

一般的に、チャンピックスの副作用と言われているのは以下の通りです。
・吐き気
・便秘
・不眠
・不安感
・イライラ
・気分の落ち込み

 

すべての人に副作用は現れるわけではなく個人差が大きいのですが、あまりに酷いようなら他の禁煙法を選択したほうがいいでしょう。

 

病院でのチャンピックスの価格

チャンピックスは禁煙外来で保険適用で処方されれば安いです。
12週分のチャンピックス代+禁煙指導料でおおよそ18,000円程度です。

 

しかし、保険適用されるには条件があります。
●ニコチン依存度テストを受け、ニコチン依存症と診断されること
●ただちに禁煙を開始する意思があること
●1日の喫煙本数×喫煙年数>200であること
●禁煙治療の受診を文書で同意する

 

喫煙本数や喫煙年数の少ない人はチャンピックスは保険適用になりません。

 

また、保険適用になったとしても、禁煙治療のために禁煙外来へは12週で5回程度病院へ行く必要があるので、結構な手間になります。

 

これが煩わしいので、禁煙外来で処方してもらわず通販(個人輸入)で購入する人が増えています。

 

通販でのチャンピックスの価格

チャンピックスを通販(オオサカ堂)で購入した場合の価格ですが、初めて使用する場合、

 

チャンピックススターターパック(はじめの2週間分):約5千円
チャンピックス1mg28錠(2週間分):約5千円、これを10週分

 

もし12週間使用するなら、チャンピックスの費用はこれらをあわせて
5千円+5千円×5=3万円

 

となります。

 

病院処方で保険適用なら1万8千円程度なので通販で購入するのは割高になります。

 

ただし、価格比較はケースバイケースになります。

 

●12週間より早く禁煙できる人もいるので、その場合はそれほど価格差は大きくなりません。

 

●病院処方でも保険が効かない場合は6万円ぐらい費用がかかるので、通販の方が安くなります。

 

●病院処方の場合、12週間を超えると保険が効かなくなります。その場合、4週間で2万円程度費用が追加でかかります。通販ならその半額でチャンピックスが入手できます。

 

費用の面から言うと、保険が効く状況で12週間処方してもらうなら病院に行ったほうが割安です(ただし、5回ぐらい病院に行く必要があるので交通費や手間はかかります)。
保険が効かない状況なら通販で購入したほうが割安になります。

 

チャンピックスを通販で購入するメリット

チャンピックスは基本病院で処方してもらう薬ですが、通販で購入するメリットはいくつもあります。

 

●病院に行かなくていい
口コミを見る限り、一番多い理由がこれです。
病院処方の場合、治療期間の12週間の間に何度か病院(禁煙外来)にいく必要がありますが、通販で購入すればその手間が省けます。忙しい人にはぴったりです。
●保険が効かない場合
チャンピックスは保険適用ですが、それにも条件があって、かなりのヘビースモーカーでないと適用になりません。保険適用にならない人は通販で購入したほうが大幅に安くなります。

 

●12週間を過ぎても使用したい
保険が効くのは12週間までで、それ以降は自費になります。それなら通販で買ったほうが安くなります。

 

●禁煙外来の治療で一旦は禁煙できたもののまた吸ってしまった…
もう一度禁煙外来に行くのは気まずいので、次はチャンピックスを通販で購入する人もいます。

 

●気楽に禁煙したい
そこまで強く禁煙したいと思ってなくて、病院へ行くのが気の引ける…。そんな人は通販で購入してこっそり使用しています。気楽に禁煙して、仮に失敗しても誰にも知られていないので恥ずかしくないメリットがあります。

 

一方、十分に時間があって、保険が効く状況なら病院で処方してもらうことをおすすめします。

 

チャンピックスの禁煙成功率

禁煙外来で5回(12週)の禁煙治療を受けた患者のうち、その期間中に禁煙に成功したのは79.1%、失敗率は14.2%、残りはその他・不明です。

 

さらに、治療終了から9ヶ月後(治療開始約1年後)の禁煙率は50.1%、失敗率は23.4%、残りはその他・不明です。
(データ出典:平成21年ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における禁煙成功率の実態調査報告書)

 

チャンピックス使用中の禁煙率は高いですが、使用をやめるとまた喫煙してしまう人は少なくありません。
そのため、再び禁煙外来を訪れる人もいます(前回から1年以上経てば再び保険適用になる)。

 

ただし、12週の禁煙治療の後も、チャンピックスを使用する人もいます。その場合は保険適用外になるので費用はかさみますが、タバコ代と相殺されるので健康のためならチャンピックスにお金をかけたほうが良いと考える人も多いです。

 

チャンピックスの価格・詳細はこちら

 

なぜ、チャンピックスは効果があるのか?

禁煙パッチと違い、チャンピックスにはニコチンは含まれていません。
チャンピックスの有効成分は「バレニクリン」という物質です。

 

ニコチンがニコチン受容体に作用するとドパーミン(快感物質)が放出され、これを何度も続けていると依存症になります。
バレニクリンも、ニコチン受容体に作用して、ニコチンが後から入ってきても、これをブロッグします。
おもしろいことに、バレニクリンがニコチン受容体に作用しても、一部ドパーミンが放出されます。
まったくドパーミンが放出されないと、すぐに禁断症状が出ますが、多少でもドパーミンが放出されるなら、苦痛もそれほどではありません。
なので、禁煙中タバコを吸いたい気分になることがあっても、我慢できる範囲内であることが多く、結果的に禁煙は成功しやすくなります。

 

なお、チャンピックスを服用を開始した人の、喫煙に対する感じ方は様々です。
●タバコを吸うと気分が悪くなる。他人のタバコの臭いも嫌になる。
●あいかわらすタバコは美味しい
●そもそも吸いたいと思わなくなる。
●吸いたいが我慢できる。

 

つまり、チャンピックスの効果は個人差が大きいです。
タバコを吸うと気分が悪くなるという人なら、禁煙できる可能性は高いですが、相変わらずタバコが美味しいという人にはあまり効果がないかもしれません。
しかし、口コミを見る限り、そういう両極端はそれほど多くはありません。
効果は感じるけど、吸いたい気分はまだ残っている、という人が大半です。
そういう人の場合、やはり絶対禁煙する、という意思が必要になってきます。
チャンピックスは大変好評な商品ですが、完璧なわけではなく、やはり服用するだけで自動的に禁煙できるというケースは少ないと思っておいたほうがいいでしょう。
まず、禁煙したいという固い意志があって、その気持ちをチャンピックスが後押しする、という程度に考えておいたほうが無難です。

 

チャンピックス体験談集

実際にチャンピックスを使用した方に話をうかがいました。

何度も禁煙に失敗した私も成功!驚きの薬 チャンピックス(30代/女性)

医療関係の仕事をしてる私。
チャンピックスという薬を知ったのは、その職場での
製薬会社による勉強会でのことでした。

 

今まで何度も禁煙に挑戦してきましたがその度に
失敗の連続。
やめたいけれどやめられない。。
どうしたらいいのか暗中模索していたときにこの薬の
存在を知り、これはいいかも!と試してみることにしました。

 

調べると、チャンピックスはどこの病院にあるわけでもなく、
主に禁煙外来がある病院で使用されていることが多い
そうです。

 

自宅の近くにある禁煙外来を行っている病院は
3つほどあり、その中でも評判のよい病院を受診しました。

 

いくつかの問診をして、受診。
チャンピックスを処方していただきました。

 

お値段は19000円程度だったと思います。

 

飲み方は、まず始めの1週間はタバコをいつも通り吸っても
かまわないとのこと。
タバコを吸いながら、チャンピックスも服用していくそうです。

 

そして、2週間後からは、タバコの量を徐々に減らしながら
チャンピックスを服用。
約2ヶ月かけて禁煙を成功させていきます。

 

たった2ヶ月でやめれるのかな?
なんて始めは不安でしたが、結果的に私は1ヶ月半で禁煙に
成功しました。

 

もともと、一日10本程度でそこまでのヘビースモーカーでは
なかったのですが、残りの半月は薬を飲まなくても
タバコを吸いたいという気持ちにならなくなりました。

 

これは本当に驚きました。

 

始めの一週間はタバコをいつも通り吸いながら服用、
と言いましたがまずその段階で1週間後くらいには
タバコがあまり美味しく感じなくなりました。

 

その後も、いつも通り朝起きたらタバコ。
食後にタバコ。
と、吸ってはいたのですが、だんだんタバコを欲さなく
なってきて、前のような「吸いたい!」という気持ちが
薄くなってきたのを感じました。

 

あんなに何度も禁煙に失敗した私が、こんなにすんなり
タバコをやめることができるなんて信じられませんでした。

 

副作用も全くなく、むしろ禁煙成功したことによって、
だるさが取れて体が軽くなったような気がします。

 

喫煙していたときは、自分の体が重いなんてこと
感じなかったのですが、タバコを断つと、朝の目覚めが
とにかくいい。
また、声の調子や、気管支もスッキリしたような
気がするし、タバコを吸わない人ってこんなに
体が軽いんだ。

 

と気づかせてくれました(笑)

チャンピックスの副作用も乗り越えて禁煙に成功しました(40代/女性)

毎年正月になると今年は禁煙すると言っているのに、いつも1週間でタバコを吸ってしまうような、意思の弱い私ですが、チャンピックスを服用したことによって見事に禁煙を成功させることができました。

 

きっかけは、1日1〜2箱のタバコを吸っていた友人が禁煙外来で禁煙を成功させた話を聞いたことでした。あれほどタバコ大好きだった友人なのに、タバコの匂いを吸うだけで吐き気がすると言うのでとても驚き、私でも禁煙外来に通えば禁煙できるかもと思うことができました。

 

そして、その友人に会った翌日、早速近所の病院の禁煙外来に行き、保険適用がされたのでチャンピックスを服用する禁煙治療をスタートさせました。

 

最初の1週間はチャンピックスを服用しながらタバコを吸っても問題ありません。通常はその期間にタバコを吸うことがだんだん嫌になってくるとのことだったので、それまでどおりタバコを吸っていましたが、1週間経過しても全くタバコを嫌に感じることができませんでした。

 

禁煙外来で医師に相談をしたところ、私が吸っていたタバコはメンソール系だったので、ニコチンだけではなくメンソールに対しても中毒傾向があるためだそうです。このため、メンソール系のタバコを服用している人がチャンピックスで禁煙する場合には、最初の1週間はメンソール系ではないタバコを吸うことをおすすめしています。

 

そして、チャンピックスを本格的に服用し始めると、自分で禁煙をしていた際に常に感じていた禁断症状をあまり感じることがなく、タバコが吸いたいという強烈な欲求もありませんでした。私の場合、チャンピックスを服用して4週間程経過したころから、タバコを吸いたいという思いがほとんどなくなりました。

 

しかしながら、やはりチャンピックスの副作用はなかなかのものでした。
私の場合、まずは悪夢をみることによって熟睡ができず、寝不足になったことが一番つらかったです。チャンピックスで禁煙をした友人が悪夢を見ると言っていたので、例えば地獄で鬼に追いかけられるような悪夢を想像していたのですが、実際にみる悪夢はもっとリアルで、すっかり忘れていたような10代の頃の嫌な経験だったり、浮気をされたときの経験だったり、現実的な嫌なシーンを夢としてみるようになってしまい、熟睡もできないし目覚めも悪いしで、肉体的にも精神的にもきつかったです。

 

あとは眩暈も強く、普通に歩いていて頭がくらくらして転びそうになったり、仕事でデスクワークをしているときでも頭がもやもやして集中できなかったりしました。
チャンピックスの副作用があったので、タバコをやめたことによる不都合より、副作用による不都合の方に意識が向けられて、今思い返すと副作用があってかえって良かったかもと思います。

 

チャンピックスの副作用は最後までありましたが、完璧に禁煙をしたかったので、最後まできちんと通院してチャンピックスも飲み続けました。費用は2万円もかからず、その間のタバコ代を考えると安く済んだと思っています。

 

毎年禁煙を試みて挫折していた私が、チャンピックスの服用によって禁煙に成功し、2年経過した現在も問題なくタバコ無しの生活をしています。
チャンピックスの服用についても個人差があるようで、通院の際に医師に相談して対処方法もあるようですので、もし禁煙を考えている人がいたらチャンピックスをおすすめしたいです。

チャンピックスを飲んで徐々に禁煙できるようになった(30代/男性)

私は30代の男で、かれこれタバコを10年以上も吸っています。
更にタバコを吸う本数が昔に比べて多くなり、1日に2箱も吸ってしまう程のヘビースモーカーです。
このままでは早く死んでしまうのではないかと不安になったので、禁煙をする事を決意しました。
しかし私の場合はかなりのヘビースモーカーなので、直ぐに禁煙するのではなく、徐々に本数を減らしていく方法が良いと自分なりに調べて思いました。

 

自分なりに調べていた時に見つけたのがチャンピックスです。
チャンピックスであれば、徐々に本数を減らしながら禁煙をしていく事も可能とあったので、自分に合うと思い購入する事を決めました。
ネット総合病院というサイトで14980円で売られていたので、そこで購入しました。

 

実際にチャンピックスを飲むようになってからは明らかにタバコを吸う本数が減ってきました。
飲み始めて3日ぐらいはあまり変化に気づきませんでした。
チャンピックスを飲むようになるとタバコを不味いと感じるようになると書いてあったのですが、最初はそんな感覚にはなりませんでした。
しかし1週間ぐらい経った時に変化を体感できるようになりました。
今まであれば起きてから直ぐにタバコを吸いたいと思っていたのに、朝起きても吸いたいとは全く思わなくなりました。
そしてその吸いたくないという感覚が日に日に増えていきました。
あれだけタバコを吸っていたヘビースモーカーの私が今では1日に数本で大丈夫のレベルに達しました。
完全に禁煙ができたわけではないですが、明らかに本数は減ってきたのである意味禁煙成功だと思っています。
あとは完全に禁煙ができるかどうか自分自身で確かめたいと思います。

 

チャンピックスを飲んでから体が悪くなったとか、精神的におかしくなったといった事は今の所全くありません。
最初の頃はタバコを吸えなくてイライラした瞬間は多少ありましたが、それも日に日になくなったので安心してチャンピックスを利用しています。

 

軽い気持ちでしたが禁煙成功に驚き!(30代/女性)

今、禁煙を促すCMや広告をよく見かけますよね。
とは言え、喫煙者は「禁煙したいけど絶対無理!」、「やめられる気がしない」等と否定的です。
確かに煙草を吸っていた当時の私も同意見でしたし、煙草無しで日常を過ごす事に少し不安を感じていました。

 

そんな私は禁煙に成功してすでに3年が経とうとしています。
禁煙を本格的に考えたわけではありません。
ある日、テレビ番組で禁煙外来の特集を観ていたのですが、患者さんの体験談に疑いを持ったのです。
「薬で煙草をやめる」という言葉。
そんなに上手くいくはずがないだろうと、当時勤めていた職場の同僚に話しました。

 

「じゃあ試してみたらいいんじゃない?」

 

同機はとても軽い気持ちでした。
真剣に禁煙を考えておらず、話題つくりの為です。あわよくば禁煙出来たらいいくらいだと思っていたのですが、実際本当にやめられるのか信用していなかった私。
周りも「絶対無理に決まってる」と賭けさえし出す始末でした。

 

禁煙外来がある病院を自宅近くで探し、予約をしました。
そして3日後診察へ。
しかし、禁煙できる気は全くありませんし、これで煙草とさよならかもしれないと少し寂しくなって複雑な気分になりながら道中も煙草を吸っていました。

 

病院に着いたらまず問診票に記入。
そして、吐く息の一酸化炭素濃度を調べる検査をしました。
範囲より多いとニコチン依存症との事。
見事なまでの依存症で我ながら失笑してしまいましたが、ニコチン依存症であれば保険の対象となる事を看護師さんに教えてもらいました。

 

そして診察。
先生から禁煙の大切さを聞き、それから決意書なるものを書きました。
「私は煙草をやめます」と書きながらもやめられる気は全くしません。

 

そして薬の説明を受け、チャンピックスを処方されました。
1週間は煙草を吸ってもいいが、以降は吸わない事。
患者さんの大半はこの1週間で吸わなくなると聞きましたが、どうにも初めから半信半疑のせいか病院の帰りに煙草を1箱購入しました。

 

そんな疑いを持ったまま薬を飲み始めて2日。
煙草を吸っていない自分に気付きました。
前ほど煙草が美味しいと思えず、火をつけて一口吸ってすぐに火を消す。
自分自身驚いていましたが、周りが一番驚いていたのです。
逆に心配されて、煙草吸わないの?と方々から声をかけられた程。
3日目で私は煙草とライターを処分しました。
何故なら、必要ないと思ったからです。お菓子をよく食べるようにはなりましたが・・・。

 

本当に禁煙出来るなんて夢にも思いませんでした。
そして意志の弱い私でも禁煙出来た事。
周りに禁煙外来について聞かれるようになり、私はチャンピックスを「魔法の禁煙する薬」と揶揄し、答えていました。
すると、職場の大半が禁煙に成功。
今でも吸っていないそうです。

 

禁煙してから本当に健康ですし、運動しても疲れません。
同機は不純ですが、禁煙できて本当に良かったです。

 

こんな私が禁煙出来たので、興味本位でも試してみる価値はあると思います。
話題作りにもなって、実は営業先でも役に立ちましたし、これで禁煙された方もみえました。
同機はなんでもいいのです。
疑ってもいいと思います。
ただ、本当にチャンピックスは「魔法の薬」でした。
禁煙できる魔法。
強い意志もいらず、薬を飲むだけ。
これで禁煙できるのですから、もっと禁煙が周りに広まればいいと思いました。

チャンピックスの価格・詳細はこちら