禁煙パイポ 効果

禁煙パイポ体験談

体験談:禁煙パイポで禁煙成功

私は若いころからずっとたばこを吸ってきたのですが、ある時期を境にたばこを控えて行こうと思いました。

 

控えて行こうと思った理由に関しては色々ありますが、大まかには喫煙をすることによる周りの目であったり、自分の口臭の原因になっていたり、健康にも良くなかったりといった事です。

 

そして極めつけはたばこが値上げしたという事ですね。

 

このような理由から自分のできそうな範囲で少しづつたばこを吸う本数を減らしていこうと心に決めました。

 

そのような決心をした後でふいに近くのドラッグストアへ買い物に行くと、あるコーナーで禁煙グッズが取り扱われていました。

 

ふいにそこへ近づきそこで私が手にしたのは禁煙パイポと呼ばれる禁煙グッズでした。
禁煙パイポはたばこのように筒状になっているものを唇から吸うというもので、フルーツをはじめとした様々な味をこれで吸入する形で楽しむことができるというものです。

 

値段を確認してみたのですが安く、いつもの買い物と同時に気軽に購入できるのでこれで禁煙に挑戦することにしました。

 

とはいっても最初の1週間くらいは我慢しようと思いつつもやはり耐え切れずたばこに手を出してしまっていました。

 

しかしたばこを控え始めてからは口臭も少しマシになっているのが自覚できたり、食べ物がおいしく感じたり、体力的にも少し余裕が出てきたような事を実感できたことがきっかけで、禁煙に対するモチベーションが徐々に上がっていきました。

 

結局禁煙を始めてから丸1年くらい経った結果、たばこを数量も大幅に減らすことができましたし、気のせいかもしれませんが少し若返った感覚も感じれます。

 

この間ずっと禁煙パイポを買い続けて、トータルで使ったのは1万円程度でしょうか。
まあたばこの購入費用を抑えたり、健康的に良くなったことなどを考えれば安いものですね。

 

体験談:禁煙パイポには大分助けられました

喫煙して8年、結婚を期に旦那と話し合い、禁煙することに決めました。もうアラサーなのでお互い子供がすぐに欲しいと考えていた為です。
タバコを止めようと思ったことは何度かありました。彼氏にニコチン臭いと言われた時、同僚に吸いすぎだと言われた時、親にお金かかるんだから止めなさいよと言われた時。。何日か頑張りましたが、数日我慢するともう耐えられず、再開するといった繰返しの日々でした。

 

ですが今回は本気でした。タバコを吸うことは妊娠中の母体に良くないし、産んでから赤ちゃんの隣で吸うなんてもっての他だと思ったからです。ですがいきなりぱったり止めるのは無理だと思ったので、旦那のすすめてくれたリラックスパイポの力を借りることにしました。
ネットでまとめて10箱購入し、取り合えず一日一箱吸っていたのを半分に減らし、毎日何回かに一回、たばこを吸っていたタイミングにパイポを吸いました。いきなり止めた訳じゃなかったので衝動的に吸いたくなる事はなく、パイポのグレープフルーツ味をを吸い込んで物足りないのはありましたが、その分限られた本数を味わいました。
まるで置き換えダイエットだなと思いました。

 

一週間したら、違和感を感じなくなったので、更にタバコの本数を一日3本にしてみました。口寂しくて手持ちぶさたにはなりましたが、パイポでごまかしつつ、4週間目にはパイポだけにしてみました。その頃には、特に吸いたいとは思わなくなり、パイポを加えるのに飽きてしまったくらいです。
こんな感じで徐々に禁煙に成功しました。かかった金額は、一万円位でした。

 

体験談:禁煙パイポで案外あっさりと禁煙出来ました

年々上がるタバコ代に嫌気がさして禁煙する事にしました。
どうやって禁煙にチャレンジしようかと色々考えたのですが、百円均一ショップでも購入出来る禁煙パイポを使って禁煙にチャレンジする事にしました。
禁煙パイポを選んだ一番の理由は値段の安さです。
百円均一ショップだと二本、または三本入りの禁煙パイポが百円なので、毎日購入したとしてもタバコ一日一箱と比べてかなり安くなります。
会社の近くに百円均一ショップ無い、またはお店は有るけど禁煙パイポが売っていない場合はコンビニで購入しました。
大体二百円前後で購入出来ました。

 

禁煙パイポを使っていた期間は二ヶ月くらいです。
大体二日に一本くらい使用していました。
三日目くらいからは味が無くなってしまうので、新しい物に変えていました。
ヘビースモーカーだった人は濃い味でないと満足出来ないでしょうから、一日一本くらい使用するのが良いと思います。
週に一度禁煙パイポ一箱買う感じでしたので、かかった費用は月に四〜五百円くらいです。
私の場合禁煙パイポの使用期間が二ヶ月ですので、トータルで千円くらいでした。

 

で、肝心の禁煙ですが、思ったよりもあっさりと成功しました。
辛かったのは二週間目くらいでした。
一週間目はまだやる気が有るので何て事無かったのですが、二週間目は何か有る毎にタバコが吸いたくてしょうがない感じでした。
ですが、そこを超えてしまうとあまりタバコを吸いたいと思う事は無くなり、一ヵ月半くらいで禁煙パイポも段々必要なくなってきて、二ヶ月でタバコにも禁煙パイポにも手を出さなくなりました。

 

その後半年経った今でもタバコを吸いたいと思う事はまったくありませんし、一口でも吸った事はありませんので禁煙は成功したと思います。

 

体験談:禁煙パイポで禁煙失敗

一番最初に禁煙をしようと思ったのは値上げがきっかけです。
貧乏学生なので節約も出来るしと一念発起したものの吸えないと思うとイライラして仕方ありません、ちょうど父が使っていた禁煙パイポが家にあったのでそれを拝借してスタートしました。
タバコ屋やコンビニでも買えるレモン味の安い物で、3本200円程度で手に入るため重宝しましたが効き目はありません。口寂しい時に仕方なくそれを銜えて我慢するという程度のもので、後に大掃除などであちらこちらから出てきた記憶がありますので、3本使い切るということも無く何度か買い足していたようです。

 

期間的にはタバコを我慢できずに手を出してはまたやめようとパイポを使うといった感じで1年以上は利用していたと思います。結果的には一度5年間の禁煙には成功したのですが、パイポのお陰では無くある朝自分がとてつもなくタバコ臭く感じられて簡単に禁煙出来てしまいました。歯医者に行ってヤ二がかなり付いていると指摘された事も心理的に効いていると思います。しかしながらその後舞台の役柄でタバコを吸うシーンがあり、せっかく止めれていたタバコを嫌々ながら吸う練習をするはめに。現在は以前よりもかなりのヘビースモーカーに戻っています。

 

何度かまた止めようと禁煙パイポを購入して挑戦しましたがまったく効果は無く、よくよく取扱説明書に目を通したら「禁煙パイポ」と表記されているものの、本来の目的は喫煙による喉のイガイガ等に清涼感を与えるものであると知りました。次の値上がりの時は医療機関の禁煙外来に挑戦してみようと思っています。

 

体験談:禁煙パイポで禁煙に挑戦

タバコが値上がりすると噂され始めてから、禁煙しようと何度も試みました。
しかし、1日位は吸わずに我慢できるのですが、それ以上は無理です。
タバコは、不思議なもので、タバコ代分のお金しか持っていないと、食べ物より優先してタバコを買うのです。自分もその行動に少し、うんざりしました。

 

タバコ値上がり後、本格的に禁煙を開始しました。
ドラッグストアで禁煙用商品を様々購入しました。
最初はニコチンパッチ、禁煙パッチを腕に貼って、効果を試みました。
これで上手に禁煙できたという友人がいたからです。
個人差があるのだと思いますが、自分は全く、禁煙できませんでした。
自分の吸っているタバコは、特にニコチンが強く、依存性の高いものでしたので、余計に禁煙しづらかったようです。
禁煙しよう、と決めた翌日に一本吸ってしまい、一本吸ってしまったからいいや、と2本3本と吸ってしまう状況で、禁煙は難しかったです。

 

ニコチンパッチはあきらめて、禁煙パイポにしました。
どうも、自分の場合、口元に何かを持って行く動作が癖になっているのです。
ですので、口に何かくわえたくなったら、禁煙パイポをくわえて何とかしのぎました。
後は、ガムをかむ事です。
ガムも、ニコチン入りガムが発売されていましたが自分には、それで禁煙できる感じではありませんでした。
どうやら、タバコを口にくわえ、スーッと煙を吸って、ふあーっと吐き出す一連の動作が、ストレス解消になっていた様なのです。
ですので、ニコチンはどちらでも良く、その口さみしさを和らげる物を口にくわえる方法で禁煙を試みました。

 

禁煙パイポも、最初は全く味もなく、寂しいものでしたが、2,3、日我慢してくわえているうちに、ずっと長い事そのパイポを吸っていたという錯覚が生じてきました。
それからは、タバコの箱を開ける作業をやめ、ライターも見えるところに置かず、パイポを手の届くところに置きました。
そして、なんとなくヒマになってタバコに手が伸びそうになったら、パイポを手に取る事にしました。

 

最終手段として、タバコの箱に、パイポを詰めておいて、開けてもタバコは吸えない状態にしました。
トータルで、禁煙パイポだけで5000円位は買ったのではないかと思います。
おかげさまで、禁煙は成功しました。
禁煙するのに、1年はかかりました。禁煙し続けるつもりです。

 

↓禁煙パイポより手っ取り早く禁煙したいなら禁煙補助薬の「チャンピックス」がお勧めです↓

チャンピックスの価格・詳細はこちら